トップページ>コンピュータ教育社コンセプト

★★★ コンピュータ教育社 コンセプト ★★★

 情報化が大きく進展し、私たちは今新たな時代を迎えようとしています。 世界的規模での情報通信ネットワークを通じて、不特定多数の人々が、 文字だけでなく画像や音声等の情報を交換することが可能になるなど、 高度情報通信社会は現実のものとなり、社会を大きく変えようとしています。
 私たちは、長年の間、情報処理産業界でコンピュータに携わってきました。 その中で、新しいコンピュータが次々と開発され、人々は、追いまくられるように新しいコンピュータを使おうとし、 実はコンピュータに使われている現状を、目の当たりにしてきました。 しかし、コンピュータの見た目がいかに変化しようと、コンピュータの原理や考え方は大きくは変化していません。 だとすれば、その原理や考え方を確実に我が物にすれば、コンピュータがどのように進化しようと、 自らの力で使いこなせることが出来るはずです。
 そして、更には、コンピュータの操作方法や機能の知識だけではなく、 情報化時代に適した全く新しい発想力と創造力、さらには、 たくさんの情報の中から真に必要な情報を取捨選択し自ら情報を発信し得る能力等が必要不可欠であることを、 痛切に実感してきました。そして、この能力こそ自立心を育む力であることを確信しています。
 専門の教育を受けずに、コンピュータに対する正しい認識や知識を習得するのは困難です。ましてや、 情報化時代に必要なさまざまな能力を育むためには、確かな理念に基づいたコンピュータ教育が不可欠です。 しかし、IT先進国日本の次世代を担う子どもたちへの学校教育さえ、 これらの能力を育てるコンピュータ教育には、いまだ至ってないのが現状です。
 私たちコンピュータ教育社は、確固たる理念を基本に、コンピュータに対する正しい認識・知識の教育と、 情報化時代に必要な能力の教育を行います。子どもから大人まで、あらゆる方々へのコンピュータ教育を通して、 健全な情報化社会の発展に、微力ながら寄与したいと存じます。


株式会社 コンピュータ教育社
代表取締役社長 溝田明美
専務取締役 三好久美子