トップページ>コンピュータ教育社ISO9001の取組み

  
★★★ ISO9001:2000の取組み ★★★

ISO9001:2000 取得の理由
ISO9001:2000 の登録
当社の品質方針
今年度の品質目標
ISO26000人権基本方針

このページのトップへ
 ISO9001:2000 取得の理由
私たち、株式会社 コンピュータ教育社は、教育の質を高めようと努力邁進してきました。 情報処理教育サービスの品質の本質は、何かということを、長年考えて参りました。 良い情報処理教育サービスとは、何か。その答えを私たちは、 私たちが提供する講座を受講された方の満足度であると考えています。 それでは、受講された方の満足度とは、何でしょうか。資格試験の合格率でしょうか。 それとも、知識や技能の習得度でしょうか。
私たちが考える受講された方の満足度とは、「役に立つことを楽しく習得できた。」ということです。 私たちが目指すものは単なる知識・技能の習得ではありません。自らの力で学び続けることのできる、 大いなる自立心なのです。
2002年、私たち、株式会社 コンピュータ教育社は、受講された方の満足度を更に高めるため、 ISO9001:2000の取得を決意しました。そして、2002年12月に、九州では初の教育サービス分野でのISO9001:2000を取得しました。
そして、私たちが提供する講座を受講された方の更なる満足度を追求し、努力邁進して参ります。

このページのトップへ
 ISO9001:2000 の登録
 登録日
2002年12月5日
 有効期限
2008年12月4日
 登録範囲
キッズ・コンピュータ教育、コンピュータ活用脳力教育
情報処理技術者教育、IT技術者教育の設計・開発及び教育の提供(適用除外:7.6監視機器及び測定機器の管理)


このページのトップへ
 当社の品質方針
私たちは、お客さまにとって、最適で、且つ、有効な品質を提供するために、お客さま本意のものづくりを目指します。
1.お客さまに喜ばれる教育を行います。
2.お客さまのニーズに合った教育を提供いたします。
3.ISO9000sの要求事項に従って、お客さまから信頼される品質マネジメントシステムの確立を目指し、常に改善を続けます。
4.品質方針に基づいて品質目標を設定し、レビューのための枠組みを設定します。

このページのトップへ
 今年度の品質目標
顧客とのコミュニケーションの向上を図る。

このページのトップへ
 人権基本方針
我が社は、
1.組織活動によって生じる可能性のある人権侵害を洗出し、事前に予防し、リスクを減少させるための、 確実な人権デューディリジェンスに取り組みます。
2.人権侵害に巻き込まれるような危機的状態であっても、人権を尊重します。
3.直接的人権侵害、便益を享受する積極的人権侵害、および、沈黙を続ける消極的人権侵害のいかなる 人権侵害にも加担しません。
4.人権に関する有効な苦情解決に取り組みます。
5.全ての差別を禁止し、社会的弱者の人権を守ることに努力します。
6.経済的、社会的及び文化的権利を尊重し、コミュニティへの参画及び支援に取り組みます。
7.労働における基本的原則及び権利を守ります。